Archive for 9月, 2010

 

ミスユニバース日本代表

直接知っている人ではないけど、今年のミスユニバース日本代表は娘のクラスメイトのお姉さんだった。

お母さんは知っているけど。

そのお母さん、とてもステキな人で、話をしても楽しいし、PTAでも中心的な役割をする人だった。

ある日、他の同級生のお母さんからそのお姉さんが日本代表の選考に残っていると聞いて驚いた。

確かにお母さんは美人だけど、こんな田舎町からミスユニバースが誕生するなんて考えられなかった。

けれど、田舎者かどうかなんて関係なかったらしい。

代表候補となった女性たちは立ち居振る舞い、テーブルマナー、話し方などいろいろな教育を受けるのだそうだ。

そして、自分の内面的な魅力を精一杯表面に出して、自分をアピールするらしい。

結果、彼女が今年の代表として選ばれた。

きっと幼い頃からあのお母さんにいろいろときちんとしたしつけをされてきたに違いない。

三つ子の魂100までということわざはなかなか重みのあるもので3歳までにしつけをきちんとしておけば100歳になってもそのしつけが生かされるという。

それを地でいくような話だな、と思った。

聞けば彼女の家は築200年という由緒ある建物なんだそうだ。

今の新築や注文住宅にはない歴史と重みがあるんだろう。

そんな家で育てられた彼女が、ミスユニバースの日本代表に選ばれたということはまだまだ「日本女性」の本質はあまりかわっていないということなのかもしれない。

残念ながら世界一にはならなかったけど、テレビのトーク番組に出演していたのをたまたま見た。

そこに映っていたのは気取っているわけでもなく造っているわけでもないおそらく等身大の彼女。

美しさはやっぱり見た目だけではなくて「ありのままの自分」をいかに楽しめるか、なんじゃないかな。

Posted by 楠さん under キレイなモノ Tags:  •  コメントは受け付けていません。